So-net無料ブログ作成

走って転んで雪遊び! [自然体験プログラム・体験教室]

白山里最後の主催プログラム、「冬遊び 吉岡の陣」を21日に実施しました。

当日はかまくらに続いて、とってもいい天気[晴れ]
キャンセルが出ましたが22名のご参加です。

10時に開会式…のはずが、会場に誰もいない…[あせあせ(飛び散る汗)]
雪を見た子供たちはじっとしていられず、外へ散り散りになっていたのでした(笑)
(みんな呼び集めるのが大変でした(^^;)

うずうずしてる参加者を引き連れて、まずはスノーシュー体験。
かまくらまつりの時は和かんじきを使用しましたが、今回は西洋かんじき、スノーシューです。
大きいくつだね。
ふかふか雪には絶大な効果のあるスノーシューなんですが、
今日は冷え込んで雪面はカチカチ…。
何も履かなくても沈まずに歩けます[たらーっ(汗)]
それでも、一応体験してみよう!ということで、みんな挑戦[手(グー)]
最初はぎこちなく歩いてましたが、すぐ慣れた子供たちは走ったりジャンプしたり。身軽なもんです[グッド(上向き矢印)]
大人がジャンプすると着地点には氷みたいに丸くバリンと大きな穴が開きます。
子どもは軽くて出来ないので、羨ましがられました(笑)
木の先っぽをよく見ると
冬芽やイラガの繭、ドングリの帽子など色々発見しながら園地を探検。
梅の花がちらほらと咲いていて小さな春に気持ちがほっこりしました[かわいい]

ぐるっと一周して広場の中央へ。
スノーシューは脱いで次の競技、「チューブリレー」へとすすめます。

トラックのタイヤチューブを膨らましたものに人を乗せ、コースを4往復できたらゴール。
乗り手、走り手はチーム内で相談して決めてもらいます。
位置についてよーい…
よーいドンで勢いよく走りだすと、足がズボッ[exclamation]
気温が上がって、凍っていた雪が溶けだし、大人たちが走ると足を取られて悪戦苦闘。
一方子どもたちは軽いので普通の地面を走るように駆けていきます。
追いつけ追い越せ
子どもが走り手になった青チームの勝利[モータースポーツ]
雪のおかげの意外な結果でおもしろかったです[るんるん]

走って汗もかいたので、ココアで休憩タイム。甘さがしみわたります[黒ハート]
一息入れたら次は「陣取り雪合戦」。
雪合戦をしながら、相手の陣地の旗を取りに行くゲームです。
作戦タイム
会場はロックガーデン。岩や木々が障害物、遮蔽物になるのでそれをうまく利用しながら近づいていきます。
大人も子供も真剣[exclamation]汗びっしょりになって走り回り、容赦ない攻撃が繰り広げられました。
P1260074.JPG
1回戦が終わると子どもたちから「もう一回[exclamation]」コール。
陣地を交代して、作戦会議をして2回戦。
一騎討ち!
長期戦の末、赤チームが旗を勝ち取りました[ぴかぴか(新しい)]
やられた~
子どもたちはまだ続けたがっていましたが、そろそろお昼時。
続きはあとでね~とお昼タイムにしました。
たくさん用意しためった汁もおかわりして完食。いっぱい遊んでお腹すいたんだねぇ。
お昼タイム
お腹もいっぱいになって、大人たちはひと眠りしたいところですが、子どもはまだまだ元気[手(グー)]
私「午後からの活動は…」
子ども「雪合戦[exclamation]」の要望が根強かったんですが、
デザート作りをしよう、ということで、アイスクリーム作りをしました。
こぼさないように
ジップロックに材料を入れてしっかり閉めて。
雪と塩を入れた袋にアイスの袋を入れて口を縛って。
あとはしっかり振るだけです。

みんなで転がしたり投げたりして空気と混ぜ合わせます。
坂を転がして落として…あれれ自分たちが滑り台楽しんでたりして(^^)
アイスと一緒にコロコロ
20分くらい時間をかけて、チェックしてみると
「あっ!かたまっとる[exclamation]」なめらかなアイスクリームに変身[グッド(上向き矢印)]
ビスケットにつけていただきま~す。
大成功☆
班によってはミルクセーキになってる所もありましたが、違う班の味見をしあったり、最後まできちんと食べていました。

少し早かったのですが、閉会式をして解散としました。
遊び足りない子どもたちには希望者を集めて雪合戦を何試合かやってから終了。

雪の中で、思う存分遊びまわった一日でした。
ご参加の皆さん、スタッフの皆さん、会場の吉岡園地の職員さん、ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]
ひっぱれるかな?

かまくら作ろう♪瀬波かまくらまつり2 [自然体験プログラム・体験教室]

前回の記事に続きまして、完成したかまくらたちのお披露目です[るんるん]
かまくらが20個ほどあるので写真いっぱいになりました(^^;
おまつりに来た気持ちでご堪能あれ[ぴかぴか(新しい)]

では順番に・・・「」はタイトルです。
No.1 「ゆきだるま」 大きな雪だるまの体がかまくらです[雪]
No.1.JPG
No.3 雪だるまが外にも中にもい~っぱい!
No.3.JPG
No.5 ほのぼのした表情の猫さん[猫]
No.5.JPG
No.6 「星陵初優勝」 金沢の星稜大学、あのサッカーの試合は感動的でした(*^^*)
No.6.JPG
No.7 「きのこ」 林業女子会石川支部のメンバーが参戦。カラフルなキノコです。階上では鍋会も行われてます[揺れるハート]
No.7.JPG
No.8 「シン・マツナガ専用ザク」 目の所もちゃんと掘りぬかれてのぞき窓に[exclamation]
No.8.JPG
No,9 角ばったフォルムに奥へ長く続くトンネルが印象的。
No,9.JPG
No.12 「ティラノサウルス迷路」 口から入って後ろから出て来れるんです[るんるん]
No.12.JPG
No.13 「雪だるまカフェ」 中にちゃんと雪のテーブルもあってほっこり一息つきたくなりますね[喫茶店]
No.13.JPG
No.14 「マイホームかまくらLDK」 中は広々[手(チョキ)]子どもたちが大勢入って楽しそう\(^^)/
たくさん入れるね!
No.15 優しい表情のドラえもん[揺れるハート]タケコプターもついてて芸が細かい!
No.15.JPG
No.16 「ふなっしー」 かまくらの中から飛び出してるみたい!花も咲いてメルヘンです[かわいい]
No.16.JPG
No.18 「雪だるまのお城」 雪でレンガを一つずつ作って摘みあげた力作です[exclamation]
No.18.JPG
No.19 「森にすむフユニャン」 妖怪ウォッチ、ここでも大人気!残念ながら私はキャラクターよく分からない(^^;
No.19.JPG
No.21 「THEかまくら」 タイトルの通り、王道かまくらですね。雪だるまがアクセントになっててすてき[ひらめき]
No.21.JPG


以上、もうすでに大作揃いで、甲乙つけがたいのですが。
参加者とスタッフによる人気投票の結果、以下の3かまくらが受賞に輝きました[ぴかぴか(新しい)]


まずはかまくら性能賞
No.17 「ウイスパー」 妖怪ウォッチのキャラクターをモチーフに作られてます。
口の形に合わせた入口のラインや頭のうねる飾りが見事です。
かまくら性能賞.JPG


つづきまして、チームワーク賞
No.10 「コマさんトンネル」 顔の両側から突き抜ける長~いトンネルがほってあります。こちらも妖怪ウォッチからですね~。
チームワーク賞.JPG


そして、デザイン賞
No.4 「祝開通!」 東京‐金沢間を結ぶ新幹線の開通を祝った作品です。
表には手作りの文字とカラフルな地元ゆるキャラ、ひゃくまんさん。
デザイン賞1.JPG
そして中をのぞいてみると・・・トンネルから飛び出してきた新幹線が[exclamation×2]
デザイン賞2.JPG

いや~。
今年も本当にすばらしい作品ばかりでした[ぴかぴか(新しい)]
みなさんのアイデア、デザインセンスには感動してばかりです(*^▽^*)

「また来年も来ます!」と笑顔で会場を後にされる方々を見て、胸いっぱいになりました。

ご参加のみなさま、地元まんさく会のみなさま、屋台のふもと会・渡津農林会様、そしてスタッフのみなさま、本当に本当にありがとうございました[exclamation×2]

かまくら作ろう♪瀬波かまくらまつり [自然体験プログラム・体験教室]

報告遅くなりましたが…。
大人も子供も一生懸命
11日の瀬波かまくらまつり、無事に開催しました[exclamation×2]
この日だけピンポイントでよい天気[るんるん]

ピストンバスの運行開始すぐから続々とスコップを担いだ参加者たちが集まってきました。
前日までに積もったふわふわ雪に子どもたち大喜び[揺れるハート]
さっそく斜面を登ったり滑ったり。
頂上目指して!
定員を超える226名が参加して下さり、会場は大にぎわい。
開会式の後、さっそくかまくら作りスタートです。

予め、こちらでかまくらの土台を用意していたのですが、後から雪が降り積もり、2mほどの小山に…(^^;
参加者も雪山(壁?)を前にちょっと唖然としつつも、気を取り直して穴掘りスタート。
汗をかきかき取り組まれてました。
リピーターさんも多く、設計図や小道具、色付け道具を用意したりと準備万端[手(チョキ)]
この顔は・・・
ああだこうだとみんなで相談しつつ、形作っていきます。みんな楽しそう[るんるん]

だんだんとかまくらの形が見えだす頃、屋台コーナーもスタンバイオッケー[手(グー)]
いい香りが…
よい香りにつられて行列ができてました。
今回、白山里と瀬波区だけでなく、ふもと会と渡津農林会からも屋台を出していただき、
椎茸たっぷりのシチューやクマのしぐれ煮を混ぜ込んだクマごはん(!)など
地元の食材を使ったユニークなメニューで楽しませていただきました[るんるん]
クマの毛皮も販売中!
天気もよかったので、出来あがったかまくら内でご飯を食べるチームも(^^)
七輪や鍋セットを持参するチームもあり、あちこちからいい香りと笑い声がしてました[グッド(上向き矢印)]
たくさん入れるね!
さて、午後からはかんじき体験と雪上ゲームです。
ふかふかの雪の中でかんじきチームは斜面を探検。
何か発見
みんなでふわふわのベッドにごろん[るんるん]
ふかふかベッド
雪上ゲームはビーチフラッグならぬスノーフラッグや的当てなどで盛り上がりました。
よーいどん!
最後は子どもたちを集めて宝探しゲーム。
雪の中に投げ込んだお菓子袋をみんなで一斉に探し当てます。
ゲット♪
あっという間に時間が過ぎて、終了時間。
完成したかまくらたちは、全員で投票審査して人気投票を行い、閉会式の時に表彰します。

今年の受賞かまくらは・・・?

発表と行きたいところですが、記事が長くなりましたので、
次回どどーんと一気に発表したいと思います[exclamation]
みなさま、しばしお待ちを!
今年もハイクオリティな雪像

かまくらもうすぐです! [自然体験プログラム・体験教室]

かまくらまつりの準備も大詰めです[exclamation]
今日はスタッフと最終打ち合わせ&下見。
来週はここがにぎわいますよ~
今年は学生さんもスタッフに入って下さることになりました!
若手が増えて心強いかぎりです[るんるん]
かんじきの威力すごい!
太陽があったかくて、外歩きが気持ちいい[晴れ]
屋台の段取りや、午後からの活動で使うかんじきを体験したり、雪上ゲームのリハーサルしてみたり。
1人でイメージしてるだけでは気づかなかった細かな点や、
判断に迷っていた点もみんなで洗い出して、まとめることができました。
完成が楽しみ
瀬波区のまんさく会のみなさんも、毎年恒例の雪像作り。
今年はどんなのが出来るかな~?[わーい(嬉しい顔)]

スタッフの皆さん、今日はありがとうございました[exclamation]
参加者の皆さんも、楽しみにしていてくださいね。

当日よろしくお願いしまーす[グッド(上向き矢印)]
背中からダイブ!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。