So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の素材でフォトグラム♪ [自然体験プログラム・体験教室]

秋めいてきましたね。
白山里周辺も山が徐々に色づいてきています。
どんな作品できるかな?
さて、26日にフォトグラム体験を実施しました。
8月に主催事業でやったのですが、その報告を見た知人から、
「自分たちの団体でもやってみたい[exclamation]」とのお言葉をいただき、講師の方にお願いして
番外編という形で実施です[ひらめき]

参加者は白山市アドベンチャーキャンプのみなさん。
夏に1週間のキャンプ体験をしたメンバーが再び集まり活動をするという
素敵な再会の場に白山里を選んでいただきました[ぴかぴか(新しい)]

まずは材料探し。
これおもしろい!
秋になり、草木の種や落ち葉がいろいろ。
夏に実施した時とはまた違う素材を使っての作品作りです。

フォトグラムとは、印画紙の上に直接物を置いて、太陽の光で写し取る日光写真のこと。
説明を聞いただけでは、まだうまくイメージできず、不思議そうな表情の子どもたち。
やってくうちに分かってくるよとスタート。
慎重に・・・
感光液もみんなで調合し、紙に塗って感光紙を作ります。

紙の上に集めた素材を置いて、太陽の光に当てると…。
黄緑色の用紙が青緑に、続いて灰青色にとどんどん変化していきます。
色が変わってく~
色の変化を楽しんでもらいたかったんですが、思わぬ襲撃者が…。
お食事中
テントウ虫です[exclamation]
1,2匹なら可愛い虫ですが、この時期天気が良い日は白山里を冬眠場所にしようと
大挙して押し寄せてくるんです[あせあせ(飛び散る汗)]
この日は快晴。絶好のフォトグラム日和でしたが、絶好の飛行日和でもあったらしく。

日向に出たら、たかられました…(*o*)

子どもたち大騒ぎ[あせあせ(飛び散る汗)]
とりあえず日向に紙を置いて、テントウ虫が来ない日陰に避難。
しばらく置いて、水にさらすと・・・
出てきた出てきた
瞬時にきれいな青色に[exclamation]
そして美しい作品たちが浮かび上がってきました[ぴかぴか(新しい)]

「時間が許す限り、もっと作っていいよ!」との声かけに、2枚目3枚目…と次々に作品を作り出す子どもたち。
やってくうちに塗り方、素材の使い方など、アイディアがどんどん広がっていきます[グッド(上向き矢印)]
目から鱗!
夢中でやってるうちにあっという間に1時。
最後の大作はテーマを決めて作り、完成後、お昼ごはんにしました。

ご飯を前にして急に空腹になったのか、みんな黙々とあっという間にたいらげてました(笑)
ここがいいね
昼休みをはさんで、2時過ぎにみんなで作品を鑑賞しあいました。
講師の北口さんが、作品一つ一つにコメント。
個性爆発♪
たくさんの作品が出来ましたが、子どもたちの発想って面白い[exclamation×2]
私には思いつかないユニークな作品ばかりでした[わーい(嬉しい顔)]

私も参加者に交じって体験しましたが(笑)何度やってもおもしろい[るんるん]
一つ作ると、次はこれを使ってみよう、この種だとどんなふうになるかな?
と、どんどんアイディアがふくらんできて、止まらなくなってしまいます(≧▽≦)

「千年写真」と言われるこの写真、上手に保管すれば1000年後にお宝になるかも…。
大切に保管して、家宝にしてくださいね。との講師のお話の後、解散となりました[ひらめき]

講師の北口さん、利用して下さったアドベンチャーキャンプのみなさん、ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]
テーマを決めて

青空と紅葉♪チブリ尾根トレッキング [自然体験プログラム・体験教室]

今日は紅葉のブナ原生林を歩くプログラムで、
別山への登山道、チブリ尾根を歩いてきました[ひらめき]
輝く森
朝はかなり冷え込んで、寒い寒いと震えてましたが、
歩きだすと軽く汗ばむくらい。

途中、ブナの実を試食してみたり木の実クイズをしたりしながら、のんびり歩いていきます。
クマの気分でブナの実試食
桂の甘い香りがする落ち葉を踏みしめて歩いて、
鳥たちの鳴き声や沢の流れる音に耳を傾けて…。

五感を使って歩くと気持ちがゆったりほぐれてきます。

快晴で、青空に紅葉の色が映えて本当にきれいでした(≧▽≦)
色とりどり
3時間半ほどで目的地に到着。
目的地の展望ポイントでは、正面に冠雪した白山がどーんと
贅沢なお昼ごはん
白山を眺めながら、贅沢なお昼ごはんです[ぴかぴか(新しい)]
太陽も差し込んできて、ポカポカいい気持ち[かわいい]
このままずっといたいくらいでしたが、帰り道もあるので、引き返します。

帰りはみなさんハイペースで、2時間(!)ほどでビジターセンターに到着できました。
ゴールしたみなさんにはおやつにコーヒーと大判焼きをお出ししました。
途中で撮影思い出し(笑)
撮影しなきゃいけないのを食べてる途中で気付き…食べかけですみません(^^;
今日の大判焼きは秋限定の栗餡です[るんるん]

距離も長くなり、ちょっとハードだったかなと心配でしたが、
リタイア者もなく、皆さん元気に下山できました[手(チョキ)]

ご参加の皆さん、ありがとうございました~[exclamation×2]
今日はゆっくり休んで疲れを取ってくださいね。
ブナの森はすばらしい

紅葉始まる秋の森 [自然体験プログラム・体験教室]

台風が過ぎたとたん、一気に寒くなりましたね。
15日の水曜日に、今週末に実施予定の「紅葉のブナ原生林を歩く」の下見をしてきました。
(楽しみが減っちゃうので写真少なめです(^^;)
うっとり
曇り空で、少し肌寒いくらいでしたが、汗もほとんどかかず快適な道のり[るんるん]
色づいた木の実や葉っぱ、赤くなってるヒキガエルなど色々見つけながらのんびりペースで登っていきます。
カエルも紅葉
本番と同じ時間に出発し、3時間半ほどで目的地の展望ポイントへ。
下の方は、紅葉はこれからといった感じでしたが、標高1300mほどから紅葉した木々が徐々に増え始め、
尾根沿いは黄金色に輝くブナの林[ぴかぴか(新しい)]
残念ながら頂上にだけ雲がかかって、山頂は拝めませんでしたが、
裾野に向かって色が変わっていく木々の様子を眺めることが出来ました[手(チョキ)]

明日はいよいよ本番。
天気もよさそうで、楽しみです[るんるん]
ご参加のみなさん、体調万全にしてお越しくださいね~[ひらめき]
紅葉??

サルに負けないぞ!収穫体験 [自然体験プログラム・体験教室]

今日は栗の収穫体験。
仲良し2家族、6名の参加です。
落ちてないなぁ…
台風が近づいてきているため、早めにスタートすることにしました。
9時にみなさん白山里到着。
車にはテルテル坊主がいくつも・・・[目]
お願いが通じたのか、朝方の雨もやんで、曇り空の中実施出来ました[手(チョキ)]

昨日のサルによる襲撃のため、地面にはあんまり栗は落ちていません[たらーっ(汗)]
どれがいいかな
なので、今回は高枝切りばさみを使って収穫[ひらめき]
大きそうな実を探して、枝を切り落とします。

男の子が一生懸命はさみを操り、他のメンバーが拾う係、と分担して収穫しました。
サルが栗を食べた痕や、クマが枝を折った跡、クマのふんも発見[exclamation]
いろんな生き物いるんだねーとびっくりした様子でした。
おっきい実いっぱい
まだ少し青いものもありましたが、1時間ほどがんばってバケツにいっぱいの栗が集まりました。

イガをまとめて割って選別。
上手にむけるかな
足でイガを割ると「わぁ~大きい[exclamation]」顔をのぞかせる栗の実たちに歓声が上がります。

最後に重さを量って、分量の代金をいただいて終了。
1.3kgほどの栗が拾えました[るんるん]
仲良く分けっこ
これを仲良く半分こにして、お持ち帰りです。
子どもたち、何度も量りなおしては同じ重さになるよう確かめてました(^^)

収穫体験が終わってから、雨がふってきて。
空が待っててくれたみたいでした。

Iさん、朝早くからご参加ありがとうございました[かわいい]
がんばってむいて、美味しく食べて下さいね[ぴかぴか(新しい)]
ピエロの鼻だよ

サルあらわる! [農園・牛]

今朝は早番だったので、館内の掃除を始めようと廊下を歩いていると、
窓の外でガサリと動く影。
見つかった!
縁側のすぐそばまでサルがやってきていました[exclamation]

お互いに「え?」って感じで一瞬見つめあい、向こうが大慌てで斜面をかけ下って行きました。

1頭だけかなー?と思って見渡してみると、縁側の正面にある栗の木がゆっさゆっさ。
10頭以上のサルが、木によじ登って朝ごはん中でした(^^;
よーいしょ
木の上で毛づくろいしたり、子どもは追いかけっこしたり完全にくつろぎモード…。
こっちが追いかけて来れないことを知ってるんだな~(-_-;

開館時間になっても、相変わらず栗を食べ続け、お客さん達は大喜び[グッド(上向き矢印)]
冬毛に変わってみんなコロコロと丸っこく、動きもあるので
見てる分にはホントかわいいんですけどね。

問題はこの場所の延長線上にある農園。
だんだんと群れの声が移動していくので、不安になって覗いてみると
案の定、農園の栗の木周辺は大騒ぎ。

いったん追い払いましたが、受付当番だったのでずっと見張り番も出来ず、
落ち着かないまま仕事をして、ようやく様子を見にいけたのが2時半。
上手にむいて食べます
栗のイガがじゅうたんのようでした…[がく~(落胆した顔)]

無事な実がないかと地面を探してみましたが、ほぼゼロ。
例年だと、もう少し残したりもしてるんですが、今年は一つ残さず丁寧に食べつくされていました。

やっぱり山に木の実が少ないのかな。

近くのヤマナシの木が今年は大豊作で、初めて見るくらいたわわに実っていたんですが、
こちらもサルたちがよじ登っています。
ヤマナシの木
ただしこちらはいつもの「かじってポイ」。

食糧少ないんなら、もっと大事に食べなさいよ…。
ヤマナシ.JPG
明日、予定していた栗の収穫体験は、あまりたくさん収穫できなさそうです…[もうやだ~(悲しい顔)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。